スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京に役人が偽ミッキーを設置


痛いニュースなどの大手ブログでは先日から話題になっていたのだが、たまたまニュースをキャプできたので偽ミッキーの詳細な情報についてネタにしたい。






「また」ってところがすごく(改善が)期待されてないニュアンスがあるよなwwww

もちろん前科といえば公営で堂々パクリをやっちゃった石景山遊楽園のことを言っているんだが、この有楽園、どうも公式ページも潰されたところを見ると閉園したらしい?





手がwwwwwwww



このオブジェ(?)を見てて面白いなーと思うところは、中国(の役人)がオリンピックをどう考えているかという事で、例えば



これ区役所が設置したんだってねえ。向こうの市民から見たって



やっぱりミッキーマウスに見えるらしいのだが、どうも確信犯的にやっているところを見ると悪いと思っていない...というか、悪いと言う観念そのものが存在していない様子である。中国では著作権に対する認識が甘いという事が散々言われてきたが、役人がこういう事をやっている辺り、確かにそうだと思わざるを得ない。
この前の遊楽園の件もあるし、日本人だったらここでミッキーを入れようという発想どころか、誤解を招かないように絶対にミッキーっぽくネズミを作るだろうな。この辺の違いが面白くもあります。







他にも本音が出ちゃったと言えば、この耳の穴の部分に注目して頂きたいのだが、



これじつは金を表しているそうで、金融街に置かれているのと干支を掛けたそうで著作権に厳しいディズニーからの訴訟対策ではない模様。



まーしかしここでも考え直してみると、オリンピックを祝うオブジェにカネというのはいささか不謹慎と言うか、正直すぎるのではないかww

建前としては純粋にスポーツの祭典という事になってるし、やっぱり日本や他の国だったら露骨にこのような事はしないんじゃないかと思う。


確かに日本も東京オリンピックで発展したし、中国もオリンピックで未曾有の経済発展を遂げているので、「オリンピックは政治とか関係無しに純粋にやるのが理想だけど、現実はやっぱカネに左右されてるよな」って事は事実だけど口に出してはいえないことだが、それをやっちゃうところが微笑ましい感じがするw




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kampfgruppe.blog94.fc2.com/tb.php/437-5b027a19

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。