スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフレの続くジンバブエでは・・・


インフレというと我々は歴史で勉強した第一次大戦後のドイツぐらいしか実例が思い浮かびませんが、そう遠い話でもなくて、現実に今ジンバブエでは猛烈なインフレになっておりノートパソコンのキャリングバッグは日本円だとせいぜい3,4000円ってところなんでしょうがインフレ下のジンバブエでは61兆ジンバブエドルという凄まじい値段になっておりますwwwww


インフレって言うのは実際に体験したくはありませんが傍から見てると面白いもので(失礼!)労働者やサラリーマンが給料を日払いにして、賃金の改定は毎日行わなければならない(なぜなら朝と夜では通貨の価値が変わってしまうから)とか、酷いときだと銀行で通貨を両替する際、入り口に入ったときと実際に両替が行われているときに既に交換レートが変わっていたりという事すらありえると言うことで、この手の職業に付いている方にとっては多忙きわまりないんじゃないかと思います。

もちろんノートパソコンのバッグを買う目的だけにカートにお札を満載していくわけにもいかないので、政府の方でも1000万ジンバブエドルという新紙幣を1月から発行しているのですが・・・('A`)



マウス一個買うのに5兆6千億ってことは、あの1000万ジンバブエドルでも56万枚必要ってことよねえ?
台車1台に積み込みきれるのかな?(;´Д`)


ちなみに今のところ、ハンバーガーの値段だけを比べれば日本より若干高い程度ですが、買えるもの全体としてみてみると、物によりけりなのでなんとも言えません。


しかしこの猛烈インフレ下のジンバブエに行ったら複雑な計算はあっという間に出来るようになるんじゃないかと期待されてならないのですが、皆さんも試しにこの電気屋を覗いて0の海で溺れてみて頂きたいものです(゚∀゚)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kampfgruppe.blog94.fc2.com/tb.php/434-9709f276

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。