スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Iphoneが今週金曜日発売


今月、というか今年をひっくるめてもベスト何位かに入るんじゃないかと思われる革新的新商品のIphone(アイフォーン)がいよいよ今週金曜日発売になります。

仕様をまとめると
# 画面サイズ:3.5インチ
# 画面解像度:480×320ピクセル(160ppi)
# 容量:8GB または16GB
バッテリー持続時間 * 待ち受け:300時間 * 音楽再生:24時間 * ビデオ再生:7時間* インターネットブラウズ:3Gで5時間、Wi-Fiで7時間
# 重さ:133g

利用料金については情報が利用プランによって若干の差異はあるものの、Iphoneはいくつか強制的に加入させられるプランがあり、それを踏まえて
iPhone3G-8GB   月額8.240円
iPhone3G-16GB  月額8.720円
(ネットは使い放題)

とのことです。若干ソフトバンク携帯の他のモデルよりも高価になっている様子。それにしてもソフトバンク携帯の料金プランのめんどくささは異常

端末価格は24回分割払いで、8GBモデルが23040円、16GBモデルが34560円となっています。



さて私はソフトバンクユーザーなのですけれども、Iphoneにはほとんど関心がありません。しかし、6月11日付日経流通新聞には「購入検討」が51%という調査結果になっており、端末の価格やプランを考えてもかなり売れるのではないかと予想されます。端末の性能も上々ですし今日のニュースでは早くも発売日に手に入れようと躍起の人々が報道されてました(`Д´)


しかし、どうしてこういう面倒な料金設定になっているかというとアップル社に対してロイヤリティを払わない(それも結構な額)といけないからで、今までの携帯とはかなり違っています。

アイフォーンの参入が興味深いのは、携帯電話サービスの市場におけるチャネルリーダーがどこにあるのか考える良い機会であるからだ。

(日経流通新聞 7月2日刊)


って事が書かれていましたが、要するに今まで携帯電話の市場は通信会社(ソフトバンク、ドコモetc...)に主導権があって、メーカーはその要望に合わせて携帯を作っていたと言えるのですが、今回は逆で製品開発会社(アップル)が主導権を持っており、その恩恵に預かろうと通信会社の方が必死で交渉していたという状態でした。

っということで、逆に製品の方が通信会社に対してアドバンテージを持つという稀有な例が今後どのように市場を変えていくのかという事が逆に楽しみだったりもします。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kampfgruppe.blog94.fc2.com/tb.php/429-46963dfb

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。