スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小型ノートPCを買うかも知れない


7月の新製品といえば何と言ってもIphoneの上陸がトップニュースだと思います。俺はソフトバンク携帯を使っているので大学の友達からも買うだろ?と言われているところ、実は別の商品に興味があったりして、最近小型ノートPCに興味があるんですよ。

喫茶店でコーヒーを飲みながら図書館で借りた本の要点をまとめたり、後は出先でマクロスFの録画した奴を見たいとかw 大学の配布資料をまとめるのもいいですよね。

その小型ノートPCなのですが、実は7月に大手企業が続々新製品を出すんですよ。色々悩ましいところで、今回はその一端を紹介したいと思いますw



・ASUS Eee PC 901(噂では7月12日 日本上陸)



去年だったかに発売され、大ヒット。日経のヒット商品番付でも大関に認定された商品。
これの新型が7月に発売になっていて、既存のものよりも液晶が大きくなったり、バッテリーの駆動時間が長くなっている点が大きな魅力。今までのノートPCは2-3時間しかバッテリーが持続しなかったのだけど、こちらは公称で4.2~6時間(後に4.2-7.5時間との情報も)と非常に魅力的。

4gamerがこれでゲームを動かそうという企画をやっていたりしたけど、新型は更に性能やHDD(SSD)容量が向上するので楽しみなところwwwww
今のところゲーム目的で使うつもりはないんだけど・・・('A`)


解像度:1024×600ドット 8,9型液晶モニター
CPU: Intel Atom [1.6GHz]
メモリ:1GB DDR2 (メモリは拡張可能)
SSD容量 12GB
バッテリー持続時間 4.2-6時間
Windows XP Home Edition
重量 1.1kg
予価 59800円

他にも、若干大型の1000シリーズがあり。SSDではなく80GBのHDDを積んだものも。
詳細情報



・MSI Wind Notebook U100 (7月4日発売)



MSIがEee PCに対抗して投入する小型ノート。コストパフォーマンスではEee 901を上回ると評価している人も少なくない。一般のノートPCに搭載されるフルサイズに近いキーボードを採用。Eee PCは新型も含めて小型キーボードを採用しているので、この点は魅力的。
Eee PC はどちらかというとサブPCで使う客層を狙っていたのだが、こちらは初めてPCを使う人も視野に入れている模様。液晶のサイズは新型Eee PC(901)と同等だが、写真を見た感じではキーボードも綺麗にまとめられていている。いずれも手堅く無難な構成となっており、それなりに売れるのではないかと思われる。

解像度:1024×600ドット 8,9型液晶モニター
CPU: Intel Atom [1.6GHz]
メモリ:1GB(拡張可能かは不明)
HDD容量 80GB
バッテリー持続 2時間半-6時間半
重量 1.0kg(3セルバッテリー搭載)
Windows XP Home Edition
予価 59800円

詳細情報





・HP 2133 Mini-Note(発売中)



今月投入したばかりのHPの新型で、かなり好調に売れているミニノート。
アルミ製の堅牢ボディや、キーボードに工夫。外見の高級感もさることながら、発売が早かったのも売れた一因では無いかと思われる。スペックの方も充分良くまとめられているが、外見やスペックを見るとどちらかというとビジネスマン向けの感じもする。液晶解像度は3社間でもっとも優秀。(1,280×768)
ただしバッテリー駆動時間が2.3時間(およそ2時間20分)と短いのが難点。


8.9インチ液晶 解像度1,280×768
CPU VIA C7®-M ULV プロセッサ (1.2 GHz)
メモリ DDR-2 1GB(拡張可能)
HDD 120GB
バッテリー持続 2.3時間
OS Windows Vista Home Edition
重量1.27kg(3セルバッテリー搭載)
59850円

79800円のハイパフォーマンスモデルもあり。詳細情報





さて以上ざっと候補をまとめてみたのですが、どの製品も一長一短で悩ましいです。HP 2133はOSがVISTAなのと、バッテリー持続の点で候補としては次点になりますが、なにぶん液晶が綺麗なのは魅力的です。

いずれの商品についてもいえるのは、過去のPDAのような、Windowsは「一応」搭載しているんだけど機能に制約があったり・・・という事がない点でしょう。好きにアプリケーションをインストールできると言うのが非常に大きいです。
それから、重量が軽いと言うのも挙げられます。1kg前後であれば状況に応じて常時持ち歩いても苦にならないサイズだと言えるでしょう。一部製品についてはバッテリーがかなり持続するため、その点でも魅力であると言えます。(消費電力の低いAtom CPUによるところが大きいとか)

スペックもインターネットを見たり、動画を見たり、ちょっとした資料編集程度であれば充分な能力を持ち合わせています。価格も6万円以内と過去のノートPCとは比較にならない安さに仕上がっていて購入意欲をそそられるますね(゚∀゚)

まだ決定ではありませんが、何か買ってしまおうと言うのが自分のなかでは有力です。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kampfgruppe.blog94.fc2.com/tb.php/422-2ad1c410

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。