スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆Silent Hunter 4のUボート作戦パックを買ってきた



☆ラストに拍レス

潜水艦に関する予備知識がないとプレイが困難であるといわれるほどの超硬派潜水艦シミュレーターゲーム、Silent Hunter 4のUボート拡張パックを日曜に買ってきた。このソフトは日本語マニュアルつき英語版でも発売されていますが、拡張パックの方は今のところ日本では発売される予定がないので輸入版を買うしかない模様。





拡張パックをインストールすると、アジア方面で活躍したドイツ軍潜水艦のキャンペーンシナリオが追加。
史実ではドイツのUボート艦隊の創設と発展に大きな功績を残した名将、デーニッツ提督が日本の潜水艦にも通商破壊(物資や兵器を運んでいる敵の輸送船を撃沈して補給を困難にすること)よう日本に打電をしているのだけど、あまり日本にはそういう思想がなかったので、結局共同作戦を行われる事はなく、アジアに数隻の潜水艦を派遣したにとどまっている。

っというわけで、この拡張パックでは、1943年以降のドイツ軍Uボート艦長として太平洋戦争に参加できる。






艦内の造りが神すぎるwwww


こちらは新登場の長距離航行用Uボート IX D2の艦内。





レーダー室。今のようなレーダーではなく、画面の陰極管(緑色のウネウネしたやつ)の反応を見るタイプ。下にあるハンドルは方位。ハンドルをグルグル廻して反応があると陰極管が上下に激しく揺れ、どの位置で揺れているかでおおよその距離を特定できるという古典的レーダー。もちろんこのゲームでもレーダー手に任せてしまう事も出来るけど、ハンドルを廻し、自分で策敵を行う事も可能。







こちらは聴音(ちょうおん)室。ハイドロフォンを使用し、スクリュー音から敵を割り出す。スクリュー音の大小で距離、音のタイプ(スクリューが回転したときに発生する音)を聞き取って敵の艦種を割り出す事もできる。

ハイドロフォンは主に潜航時に潜望鏡を出さず、敵の距離や方位を割り出すのに使用された。なんでかって言うと潜望鏡出すとバレるし、レーダー波は敵にも受信できてしまうから。

ハンドルの右にあるダイヤルは確か音量だったか距離だったか・・・








攻撃用潜望鏡。再現度やべえwwwww
昔のUボートは潜望鏡を2つ持っていて、ひとつは索敵用に使われた大型のもの、もう一つは攻撃時に使用された小型のもの。索敵用潜望鏡は視野が広く、上を見たりすることも出来るのだがデカい分被発見率が高い。攻撃用潜望鏡は小さいが視野は狭い。







艦内の装備。装備はミッションの結果得られる「Reknown」(名声)を使ってアップグレード可能。例えばレーダーを新しくしたり、砲装備を変更したりと・・・
アップグレード装備は全て史実に則っていて、対ソナー用塗料まであり。






こちらは主な装備。各部のボタンを押すと性能を見ることが出来る。機関砲の連射速度から、レーダーの射程距離および探知範囲まで全て史実どおりの性能。




っとここまで紹介したがまだあまりプレイしていないのだけど、本作を持っている方は単にリアルに再現されたUボートだけで相当楽しめると思うので超おすすめです。
Uボート戦だった前作Silent Hunter IIIが傑作だっただけにUボートに思い入れがある方は多いのでは?

しかし残念ながらドイツ潜水艦魂の権化たるVII型Uボートは登場しません(´・ω・`)




☆拍レス
遅れて済みませんorz

>>ドラさん
お久しぶりです。ドラさんも旅行に行っておられたのですか!俺は我慢できなくて予定潰してでも放送日を開けようとするタイプです('A`)
閣下の寛大さといえば、確かにそうですねwってか俺の予想ではあのカプセルの中は偽者で、横から新たにカプセルと閣下登場→デラーーーーズフリーーート!!(演説)かと思ってたんですがwww

人類に失望して星の屑作戦という事もあったらあったで面白そうですねw 人類絶滅でプトレマイオス(要するに「変革した」人類)だけ生き残ってそれからの時代が始まるみたいな話でも脚本が書ける気もします。内容的にかなりカオスになるので視聴者には受け入れられないでしょうけどw

キャラの整理は、そうですよねえ。急ぎすぎって俺も散々書いてますけど、00って今にして思えばあんまり無駄なシーンはない(ように感じられる)部類の作品ですので、しょーがないっちゃしょうがないですが、それ以前に第2シーズンが始まる前に無理して完結させる必要あんの?と俺は思ってます。

音楽は川井憲次さんという方なんですか!?俺はあんまりその人のことは知らないのです。ただダブルオーの音楽は聞いていてビビっと来るものがほとんど無かったです(><)
って書いてますが案外聞きなおすとこれ放送当時は気付かなかったけどいいじゃんって言うのがあったりするから断言すると後が怖いんですけどねw


後はグラハムの活躍に期待です!(゚∀゚)



>>零さん
ラスボスがあれは俺も驚きました。実際、コーナーが自ら搭乗するって選択肢自体考えていなかったんです。ファースト、0083(デラーズつながりw)、最近の種、デス種など物語上のキーとなる指導者キャラはほとんどMSで戦ってないですよね?ギレン、デラーズ閣下、パトリック・ザラ、デュランダル議長とか。最初の頃は、むしろリボンズがノリスケの盾代わりに戦うのかなー?と。デス種のレイみたいなかんじで。

なんかあの挿入歌ははじめて流れたわけじゃないみたいですね?俺は「挿入歌が全然もりあがらねえ!」とキャプ本編で文句を書くつもりだったんですけど、実況を見ると「またこの歌か」みたいな書き込みがあったので過去の挿入歌と同じ歌だったみたいです・・・おぼえてねえw

コーラは俺も生きてるんじゃないかと思います。零さんと同じくただ期待してるだけです。爆発が下半身とかまったく同意見です。
予想ですが、次回のエンディングでアレハンドロのMAの残骸からなにもない宇宙に場面が切り替わって左上から右下にコーラのジンクスの残骸が流れてFinというΖ過ぎる展開wwww

リヒティは零さんの指摘がなかったら全然知らないキャラのまま終わってそうでした。凄く感謝してます。戦争しているという実感がほしいというのもおっしゃるとおりです。1stの頃は主人公がいつ死ぬか分からない、というような妙な緊張感がありましたよね?W辺りからかそういうのがなくなって「安心して見れるアニメ」となってしまっているのが俺的に残念だったんですよ。

ですから色々な意味で00のこれからには期待しています。




>>斐さん
お、毎度どうもです(=゚ω゚)
トレミークルーの連立ってwww 時間内から死亡フラグもまとめてってことですかwwwwそれは酷いwww

リヒテンがサイボーグな理由。おぉぉこれはいいツッコミですね!ヤヴァイ脚本に振り回されてた俺がwwww今までど~~でも良いキャラベスト3にランクインしていたキャラでもあるので分かりませんが、サイボーグであることをうかがわせるシーンは無かったと思いますよ?
サイボーグについて、いまさら後設定?って批判ですけど、実況でもその批判はありました。生身の人間では死んでしまう、というのも考えられる線ですよね。ここにさらに突っ込むと、生身だろうがサイボーグだろうが呼吸してる以上宇宙服に隙間が入っただけで気圧差ができて死亡は確実になってしまうのですが・・・

た、多分ですよ???俺の見たところではある程度表現の上で強い印象を残したいがために残酷さを出そうとしたんだけど、さすがに生身の人間がちぎれると放送する上で(時間帯、視聴者の年齢層その他の理由)でまずいのでサイボーグにした、という線があるんじゃないでしょうか??


追加メッセージ分のアレルヤとティエリアですけれど、来週大きな動きがある、という事は間違いないですよねw
死ぬかどうかは分かりませんが、個人的にはティエリアには死んでほしくないなあ(;´Д`)ハァハァ

ティエリアの死亡シーンでリヒティと同じみたいになる→股間までサイボーグ→腐女子「裏切りだ!00だいっ嫌い!!!」wwwwwww

全体的な流れからするれば、主人公サイドが敗走する可能性が高いと思います。結局個人の力では何も変えられないという結論でマイスター達は歴史の渦に呑み込まれるとかw
第2期はアザディスタンで農民として働いてるせっちゃんからスタートで、中東の国で初めての新型MS搭載機が模擬戦で何者かの攻撃を受けて畑に転倒。
せっちゃん「こいつ・・・動くぞ」
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kampfgruppe.blog94.fc2.com/tb.php/356-f296fa35

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。