スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PC廻りの写真うp

新PC導入したときについでにPC廻りを大改装したのですが、いつぞや告知した写真のうpしとくお
・PCの基本仕様
Core2 Duo E6600
メモリ2GB (トランセンド)
Geforce 8800 GTS 640MB(確かメーカーはLeadtek)
Windows XP SP2

モニター 液晶24インチ
応答6ms 輝度500cd/㎡ コントラスト1000:1 (16:10ワイド)


写真はリサイズしてありますが、実際は想像以上にデカイです。
あと、モニター画面は実際よりかなり汚く映っていますが、実際はもっとキレイです。



◎コンシューマーゲームのプレイ時





PCデスクは横幅が1㍍ぐらい。
PCデスクの引き出しにスティックを置けばアーケードスタィルゥになる
必要があればマウスはどける。ちなみに画面比は4:3に合わせてあるが16:10のフル画面にも出来る。

接続はPS2とかのコンポジ端子をそのままモニターのAV/IN に繋げる。


◎フライトシミュレータープレイ時




・ジョイスティック→Microsoft Sidewinder ForceFeedback2
24インチモニターで夜間飛行とかするとエンジン音で眠くなってきます(´・ω・`)



◎映画、オーディオ視聴、PCゲームプレイ時




・キーボード Steel 6G (もしくはゲームによってWolf Clowと使い分け)
・マウス ロジのG5
・スピーカー Behringer MS20
・サウンドカード Creative X-Fi Fatality Pro






ミキサーはスピーカーメーカーと同じドイツのBehringerのXenyx802。
アナログミキサーと言うところがツボ。

音楽や再生機器によってミキサーのEQ(イコライザ)を調整する。(詳細はヘッドフォン欄に)

接続はPC(3.5mmステレオケーブル)→ミキサー(6mmステレオケーブル)→スピーカー(3.5mmステレオケーブル)となる。



ヘッドフォンはSennheiserのHD580とSonyのMDR-EX90SL(こっちはカナル型イヤホンだけど)を使い分ける。
HD580→全体的な音楽視聴、むかついた時やとにかく壊れたい時など
MDR-EX90SL→テレビ視聴、PS2などのゲームプレイなど






HD580はまだエージングの途中なので大体20-30時間ぐらいまで聴かないとなんともいえないのだが、個人的な好みでEQはそれぞれ低音、中音、高音とも+5ぐらいブーストする。


スピーカーのMS20とMDR-EX90SLはもとから低音が強めなので低音はそのまま、中音と高音をそれぞれ+7ぐらいブースト。(実際は中音の方をわずかに強めにする)


昔はパンチのある重低音が好きだったけど、今は中音と高音の柔らかさにゾッコンです(゚∀゚)


それと、曲のEQはPCのサウンドカード側でも調整します。例えばポップだったらボーカル、クラシックならクラシックモードに。X-Fi Fatality Proは単体で安いPCを買えなくもない高価なサウンドカードですが、再生能力やイコライザの性能は非常に優秀です。

こちらでEQをつけてしまうとXenyx802のミキサーのEQと被ってしまいますが、そこは802の方で他の再生機器との相互使用に対応しているのでまったく問題なし。


寝る前にリクライニングシート倒してこれでオーディオ聴くとあまりの心地良さにイキますwwww
特に、写真に出てるガンダムSEEDのオーケストラ盤2枚、オススメです。


昨日友人がまだエージングの済んでいないHD580で音楽聴いていったけど「これなら夜寝るのが勿体無いなwww」といってますた('A`)
オーディオはホント面白いですね(゚∀゚)







関係ないかも知れないけど、横に鎮座してるこの時計はソビエトのMig戦闘機などについていた本物のコクピットクロック。これは完全に趣味ですが、かなり気に入ってます。


最後に、今回のPC購入の際に多大なる技術支援をしてくれた某戦友に感謝
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kampfgruppe.blog94.fc2.com/tb.php/33-49c614de

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。