スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

以前壊れたER-4Pはどうなったか?




7月に購入した高級カナルイヤホンのER-4Pが購入してまもなくぶっ壊れたという話を以前しましたが、結局あの後どうなったかと言うと、

消費者センターに電話→消費者センター「表記上に問題があるのでは」と購入店に連絡→購入店のほうで「できる限りの修理対応」をしてくれることになったのだが、結局購入店に調べてもらったところ、会社に送っても数ヶ月も掛かる上に購入した以上の金額が掛かる可能性があると言われ、一時保留。

このとき、購入店のサポートの方が結構話のわかる方で良かったのですが、結果的に買いなおし以外の選択肢がないということになり、悩んだ挙句2週間ぐらい前に買いなおしました。


購入店の方で粗品+送料+代引き手数料を負担してくれることになったが、対応はともかく一度ER-4Pで音楽を聴くと元の安物イヤホンには戻れません(´・ω・`)
それだけが未練たらたらながらも再度購入した一番の理由。
2番目の理由はこのままほったらかしにしておくと、同時期に購入したデジタルオーディオプレイヤーのHD-30の存在理由がなくなってしまう、ということでかなり悩みました。


結果的に最初に購入したときに投資した2万5千円は損になってしまいましたが、それはこれから2代目のER-4Pを値段以上に大事に使って還元していきたいと思っています。


もし最初から2台分の金50000円があったらK701HD650を買ってたろうなあ('A`) と思わずにはいられないwww



ともあれ、消費生活センターに連絡しなかったらもともとの「修理対応」すらなかったわけで、意外と連絡してみるもんですね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kampfgruppe.blog94.fc2.com/tb.php/172-38347b79

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。