スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これから夏の間に購入予定のゲーム(3)World in Conflict編


第1回のBioshockは購入、第2回のCrysisは延期(夏予定だったが秋にずれ込み)と、それ以来放置状態になってた「欲しいゲーム」ですが、実はまだあるんです。でも夏にリリース予定だった作品はほとんどが秋~年末にずれ込んでしまって無事にリリースされた大作はBioshockぐらいのもんですが・・・


もう夏って言えるかはわからんけど、久々にこの続きをば。

World in ConflictはRTSゲームで、今年発売されているRTSでも注目されている作品。冷戦時代、ソビエトがアメリカ本土に侵攻するという仮想の設定で作られたもの

RTS(リアルタイムストラテジー)といえば、日本ではほとんどなじみのないジャンルですが海外ではかなりプレイヤー層を取りつつあり、韓国ではRTSタイトルのプロゲーマー大会なんかもあったりするほど。このプロゲーマーチームには企業スポンサーも付くので人気の高さが窺えるでしょう。
本作の発売は9月中旬の予定ですが、発売はPC版のみ。日本語版は期待したいところですが残念ながら予定なし。




基本的には今までリリースされたミリタリー系のRTSのシステムを踏襲していますが、個人火器に至るまで細かく描写されており大変よくできています





デモ版をプレイしてみた感想では、なかなかいい感じに仕上がっているものの新鮮味には欠ける印象。しかし総合的な完成度は高いので名作となる可能性は充分にありそうです。

このゲーム、プレイヤーに特定のポイントが与えられていて、そのポイントを消費して空爆の要請をしたり戦域に戦車を投下したりできるのだが、「軽戦車投下」 というオプションがあったのでこれを要請してみた。

アメリカ軍で軽戦車ってなんだろー?と気になったのだが






おーーーーキタキタ(゚∀゚)
でもまだ遠くてよく判りません


っで拡大してみると







なんだシャリバンwwwwwwwwww


シャリバンが出てくるゲームはバトルフィールド ベトナム以来ジャマイカ.....




これは買いだな





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kampfgruppe.blog94.fc2.com/tb.php/171-b6c5f7bc

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。