スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★Sourceエンジンで蘇った007 ゴールデンアイが懐かしすぎる!





★ラストに拍レス
007 ゴールデンアイってゲームを知っている方はおそらく相当多いのではないかと思いますが、多くのFPSゲーマーにとって、初めてプレイしたFPSゲームじゃないでしょうか。

かくいうも64のゴールデンアイは生涯で体験した初めてのFPSだったけど、実は名作Half Life2のModでゴールデンアイがあるんですよ。もちろん本体を持ってればタダで出来るのですが、ひょっとしたらHalf Life2本編が無くてもプレイできるかも




化学工場のトイレ
なつかししいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!


ステージはクラシックステージ(64時代のを再現したもの)と、Sourceエンジンで美しく作り直されたステージが存在し、(64の全ステージが登場するわけではありませんが)いずれもかなり高い完成度です







アンテナ。映画を彷彿とさせる完成度






軍用書庫



再現には異常なまでに固執しており、銃器のリロードモーションは64そのまま(下に下げてガチャガチャするやつw)、さらにズームも





別ボタンでズームと言う素晴らしい拘りよう。ズームの照準すら再現されてて懐かしさをそそるw
銃の名前もインチキのままです。(AK47→KF7 Soviet)






秘密基地


このステージで無人機銃に手こずった思い出が(;´Д`)
秘密基地のサーバールームは映画の画面を彷彿とさせる仕上がりで、基地のあったジャングルの写真、キューバ(映画:ゴールデンアイの舞台)の地図が盛り込まれているのですが、時間が経つとグーグルの画面に変わったりハーフライフ2のサーバー検索画面になったりと製作者のこだわりとジョークセンスが感じられる部分です。








こちらはクラシックじゃない化学工場。








ゲーム本編ではシークレットステージだった「エジプト」の玄室。ただ、エジプトは1個前のシークレットステージのアステカほどは難しくなかった思い出がある






ついでにちょっと対戦してみたがエジプトはもともと対戦ステージではなかったんだよな

化学工場でやりたかった><


リンク・Goldeneye Source


クラン時代の同志と対戦したくなったぜ!







★拍レス
>>時雨大貴さん
お久しぶりです。すみませぬちょっと語弊があったんですが、定額制のプランを儲けるというだけで、1コイン100円を撤廃するわけではありませんよ。(書き方悪すぎでスマソ


全体的に、ゲーセンで1ヶ月5000円以上使っているプレイヤーは結構多いです。
(少なくともバーチャでもと所属していたチームの掲示板で話題になったときは月10000円以上が大勢を占めてました)
特に三国志大戦2とか、カードゲームだと1人あたりの金額はもっと多いでしょうね。どの業界もそうですが、新規客よりもリピーターの方が店舗にもたらす収益が多いです。試算によるとある店舗の利益を表したとき、80%がリピーターによるもの、20%が新規客によるものなんだとか。
アーケード市場も少なくとも俺がアキバや新宿で見た範囲では新規より常連の方が多い印象で、この原則は適用できると思います。そこでリピーター層に訴える今一歩独創的な発想があっていいんじゃないかと思いますけどね。(カードシステムだけでは最近のオンラインゲームや家庭用ゲームに対抗できんでしょう)

なにしろ俺がバーチャ行くと一人で10回以上連コしてくる大人もいるもんですし・・・(最高記録は23回w 俺がだるくなって棄権しました('A`)

ちなみにカードはほとんどICチップによる記憶媒体料金らしいです。ネットワーク接続費はLANだったらほとんど掛からんでしょう。バーチャはネットに接続できますが、通信費は1プレイあたり50円と友人に聞きました。(実際こんなに高くは無いと思いますが)


>>初心者狩り
乱入拒否を設けるのもいいんじゃないでしょうかね。アーケードだと頭文字Dなんかに採用されてます。後は本文にも書いたように近いプレイヤー層以外の対戦は出来ないようにすればいいでしょう。


もうすこし統計上の裏づけが必要ですが、少なくとも、1度ごとに払わないといけないジャンルに定額を持ち込むと言うのは成功の可能性が大いにあるようです。
アメリカのMMORPG,Guild Warsはパッケージ版を購入すると永久に無料でプレイできるシステムになってますが、その結果世界で400万アカウント以上を達成しています。他のMMORPGがほとんど課金制だった時代なのでかなり独創的な発想といえるんじゃないでしょうか?(ここまで売れたのはゲーム自体にも色々独創的な発想が使われている結果であることも書いておきますが)


結局、価格競争以外で商品を売るには何かしら差別化せにゃいかんのですが、既存の優れたゲーム群と対抗するのに今までのやり方ではユーザー層を増やすのは難しいと思います。メーカーもジレンマに悩まされて守勢に回っている印象がありますし。この夏だって人気が出そうでそこそこ新作感のあるゲームっていったらダイナマイト刑事ぐらいじゃないでしょうか?

今は守りの時期と踏んでるのかもしれませんがこれからも良作の登場に期待せずにはいられないです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kampfgruppe.blog94.fc2.com/tb.php/165-8d735adc

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。