スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bioshock デモ版をプレイしてみた その2+プレビュー(動画あり)



この記事はグロ表現を含みます。
欧米の一部地方ではBioshockを17才以下に販売することを禁止しています。日本でも当該年齢の方は出来るだけ閲覧を控えてください。
寝起きで充分戦意が回復したのでBioshockデモ版の続きをプレイ。最初の記事を読んでおかれた方が良いかとおもいます。



昨日の続きからの動画(WMV9 22.5MB)

途中で一部シーンを飛ばしています。


暗くなってやばかったがたいしたことなかた('A`)



あまりの面白さにデモ版はすぐクリアしてしまいましたが、グラフィックス、サウンド、どれをとっても一級品の出来です特に世界観の表現は秀逸

ただ歩き回るだけの3Dデータとして売る価値すらありそう。





リアルだが妙に写実的ではない異色さを感じるグラフィック。
Unreal系エンジンを使っているとの事ですがUnrealでこんな表現って出来たのね・・・


ただ、製品版では違うのかも知れないが、今まで見た映像とデモ版の内容から察するにMAP全体は狭苦しく、開放感に欠ける印象。
そういうゲームと言えばそれまでなんだが、当初の予定ではこのRapture内部に生態系や対立関係を描くということだったので、狭苦しくプレイヤーの進路が一本道と言う事は、内部の生態系がどのように作用するのかの範囲が狭められてしまうことになる。

これが製品版でどうなっているのかが心配。


動画その2

人体改造自販機(勝手に命名)から発せられている少女の声が1930年代のアメリカっぽくて素晴らしいの一言に尽きる。



これがあるのとないのでは、ゲームの没入感が全然違う





Plasmidを使うとこんな凄いことが出来るんだぜ という絵。この絵も1920-30年代のアメリカチック。しかし絵柄の内容が示していることと絵のタッチがあまりにも違いすぎる世界観がこのゲームの特徴






デモ版のMAPはほとんど一本道だが、その中にはストーリー上Raptureの管理システムが放置されているために徐々に破壊されつつある様子も描かれている。






もちろん、このゲームも物理エンジンが導入されているのオブジェクトを利用した攻撃や、オブジェクトを操作して先に進むみたいな要素も用意されているのだが(デモ版にもあり)テーブルにおいてある回復アイテム(酒とか)は壊して割れると使えなくなるんだなw

今まで回復アイテムが壊れたりするゲームはなかったのでびびった





カオスと化したRapture内部にいる「敵」は自らが生き残るために人体改造を重ねた人間だと言うことは以前書きましたが、その中には居もしない赤ん坊を「私の子供よ!」と可愛がる精神を病んだ母親などが登場

この表現は若年層にはかなりきつい表現かも知れません。(ゆえに17歳以下は禁止なのかと)


動画その3(WMV9 15MB)


AIもなかなかの出来で火に焼かれたりすると本能的に水に逃れようとします。これは結構画期的なことで、AIが「水」というオブジェクトを認識していると言うことです。




動画その4(WMV9 11MB)

Big Daddyきたああああああ


おそらくRapture内の対立関係を示すためにチュートリアルを兼ねて用意されているとおもわれるシーン。巧く本編と組み合わせてあり「解説されている」違和感を感じません。





デモの最後はプレイヤーが、地上世界の人間をはめるために作った罠に入ってしまうところで終了。
Andrew Ryan(Raptureの創設者)いわく「教えてくれ友よ。どこのくそったれが貴様をここに送り込んだんだ?KGBの狼か?CIAの猟犬か?」(以後会話が続く分は略)



60年代の東西冷戦の構図、KGBやCIAというキーワードもある程度の年を経ていて知識量がある人でなければ分からないのでストーリーも青年以上を意識したものであるとうかがえます。
その分、かなりストーリー性を意識したゲーム製作がされていると期待してよいでしょう。


プレイした感想でいえば、久々にシングルプレイ専用FPSということで現段階でも充分名作クラスの完成度を持っているとおもいます
FPSゲーマーなら是非買ってみる価値のあるゲームでしょう。その他アクションゲーム好きな人、アドベンチャーものが好きな人にもおすすめできるゲームです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kampfgruppe.blog94.fc2.com/tb.php/155-b00c2c7e

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。