スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サマール沖海戦(Silent Hunter4)



明日は終戦記念日ということで、この時期になると毎年戦争関係の映像作品がメディアで展開されておりますがやっぱり俺や友達のなかでも戦争関係のゲームが再評価されるのもこの時期で、ろくにプレイしていなかったSilentHunter4をプレイしてみた。

本作はもともと米海軍の潜水艦のシミュレーターで、日本船籍船への通商破壊などを行うゲームなのだが、なんといっても日本軍艦艇の出来が良すぎる




↑航空巡洋艦「最上」

今までこれほど良く日本軍艦船を描画したゲームは無いと思うが、今回は終戦も近いという事でミッションそっちのけで帝国海軍や海戦をヲチしてみた





↑重巡洋艦「妙高」

建造当時外国の海軍関係者にスタイルを絶賛されたらしい。なんといっても砲塔の配置が特徴的で、前から3つ目の砲塔は後ろ向きになっているが実際海戦のときは全部の砲塔が射撃できるように横向きになるのであまり問題は無い







「大和」の主砲46センチ砲の射撃シーン。砲煙の描写が凄まじい







戦艦「金剛」(後ろは大和)イギリスに外注して作ってもらった戦艦で、「金剛」「榛名」「霧島」「比叡」の4隻があったが海軍の戦艦の中ではかなり活躍した部類。太平洋戦争時は真新しい船ではなかったんだけど、というか逆に、それゆえに上層部に酷使されたお陰で活躍の場所が多かった感じ。






大和に航空攻撃をかける米軍機。このアングルが(・∀・)イイ!!






同じく大和の対空砲群。まさしく槍衾(やりぶすま)といった印象。






金剛に魚雷が命中した瞬間を捉えたショット。と言っても撃ったのは俺の艦だが・・・







被雷箇所にはちゃんと破口が開くという拘りよう





日本艦隊の砲撃を受け満身創痍のアメリカ軍護衛空母。周りに浮かんでいるのは沈没前に退艦した乗組員。ちゃんと航空機が墜落すると(特定の確率で)パイロットも脱出したりと芸が細かいが、なんと言っても船が沈没したときの渦までが再現されていて





カワイソスwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

(↑数瞬前まで脱出した乗り組み員が必死こいて操船してたのにwwww)


船が沈むと物凄い渦が発生するらしく、実際「大和」が沈んだときもその渦に巻き込まれて無くなった乗組員が多いらしいです。







空母の甲板の最前部に死体が溜まってるのに注目('A`)

手前の脱出者のボートもこのちょっと後に沈没の渦に巻き込まれて全員死亡というちょっと悲しい展開






「大和」に肉薄するフレッチャー級駆逐艦。すごーーく細かいけどよ~~~く見ると大和の46センチ砲弾が見えます。(画像に映ってるのがわかりますかね?!)







しかし無念にも戦艦クラスと思しき主砲弾が直撃し轟沈。






微妙にゲームのパッケージになりそうなインパクトがある名シーンw







こちらは日本軍の秋月級駆逐艦。大火災でもなおも戦闘継続する辺りが海軍魂wwww







しかしこの直後横転沈没。本来は艦についてるもっとマシなボートもあったのですが戦闘中に砲弾が直撃して脱落してしまい、脱出者は案の定死亡率の高いゴムボートで退艦。






脱出者はあのゴムボード1隻分だけだった模様><





っと一通り画像で紹介してきましたが如何だったでしょうか?この海戦のミッション、米軍の機動部隊(空母を含む艦隊)を援護し、日本軍の戦艦を撃沈せよという物ですが放っておいても毎回砲戦の結果が変わるので見ててめっさ面白いです。


消防の頃「提督の決断」とかで夢見た海戦が目の前に・・・
と言うことでしばし友人の自衛官と観戦してましたがあっという間に2時間とか経ってしまうもんですねえ(´・ω・`)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kampfgruppe.blog94.fc2.com/tb.php/142-298db199

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。