スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本でFPSが注目されないのはなぜか(痛いニュースより)


日頃お世話になっていてトップページにもリンクを載せている痛いニュースに興味深いスレッドを要約したものが載っていたのでちょっと洋ゲープレイヤーとして私的な意見を述べたくなった。タイトルにある、FPSが注目されないのはなぜか、と言う問題について・・・


まず、全体的に和製ゲームをプレイしているプレイヤーには情報不足というか、勘違いが多いと言う風な面が見受けられる。




海外ではRPGが人気ではないと言うがこれは勘違い

海外ではWoWは欧米で600万アカウント以上取っているし、日本のドラクエやFFでも海外レビューサイトでは高い評価を受けている。

Oblivionだって300万部以上売れているのだから決して欧米の人々が国民性としてRPGゲームをプレイしないと言うのは間違い。






これは単に操作やゲームのジャンルに馴れていないだけだと思う。
また、攻略に明確な方針がないというのは自由度をひっくり返して悪く言った表現だけのようにも取れる。日本のゲームは直感的というよりは、道が既に指示されていてその「クリエイターが意図した範囲」でのプレイに終始することが多い。(と言うよりも、その傾向の作品が多い)

一方で、欧米のゲームは「ストーリー上重要な局面は重なるように工夫されているが、その途中でプレイヤーがどのような選択を行うかは自由」というスタイル。

どちらが良いとか悪いとかいう問題ではないが、リプレイ性という面から考えると自由度が高い方がいいのではないだろうか?最近のゲームでリプレイ性が低いというのはゲームにとってプラス要因ではなく、マイナス要因だと評価される。



結局、このほかにも当該記事を見ているとアメリカの特殊部隊がどうとか、特定のゲームだけを挙げてFPSというジャンル全体を否定する傾向があり意見として著しく客観性を欠くのではないかと思う。

皆様が当該記事を読む場合には、論客の意見を良くごらんになって判断して頂きたい。




◎同意できる点と個人的意見

・日本のゲームがゲーム性よりも萌えを追求する点




自分としてはアクションゲーム内に萌えを入れる理由は分からないが、ゲームとしてはクソゲーだけど売れるというバンダイのガンダムゲームシリーズ(VSシリーズを除く。あれはカプコンの製作)に例を挙げるまでもなく、キャラクターで売っているゲームが多いと言うのが現状。



・技術的問題

技術的問題から海外と並ぶようなFPSを作れないと言うのも理由であると思う。作る必要がないとか云々以前に、作ることができない。
言い換えれば、OblivionやGTA3クラスのゲームが日本のパブリッシャなりデベロッパに作れたかと言うと、誰もアイデアとして考えられないし、現実的に作ることも出来ないだろう

日本のゲームにTPS(サードパーソンシューティング/外部視点で操作するシューティングゲーム)が多いのは、銃器のアニメーションを描画しなくて済むからという話を以前聞いたことがあるが、もしそうだとすればこれも技術的な問題である。

確かに、TPSでなければ表現できないゲーム性というものもあるが、振り返ってみると日本のシューティングゲームはFPS的要素を強く含んでいながらTPSであると言うゲームが多かった



・海外パブリッシャが日本市場にほとんど興味がないという問題(知名度不足)



EAなどごく一部を除いて、海外のパブリッシャは日本市場にほとんど興味がなく、その結果として宣伝不足→知名度不足と言う問題が挙げられる。Xboxが発売されたとき、海外デベロッパの社員が日本の取材を受けていった言葉が「日本は韓国よりもネット人口が少なく、ゲームへの社会的関心も薄い」(昔の話なのでソース出せなくてスマソ)




このほかにも先入観や、日本のゲーマーが和製ゲームで満足しているという点が挙げられると思うが主に以上の3点だろうと思う。


スポンサーサイト

コメント

いや本当に最近は海外メーカーのゲームが面白いですよね。
丁寧に作ってあるし、なにより発想がすごい。

>>Youthさん

和製ゲームは面白いつまらないは抜きにしても、全体的にプレイ時間が短かったり冗長なゲームが多いですよね。やはり「同じ6980円を掛けるなら別のゲームがいいなー」と言うのがありますが、その「別のゲーム」が自分の中ではほとんど洋ゲーとなっている昨今です。
日本のゲームには、パズルゲームのようにアイデアやルールの新鮮さに訴える場面が少なからずありますが、そのアイデア面でも洋ゲーと比べてどうなんだろうと疑問に思えるところが少なくありませぬ('A`)

_-)))
FPSは「酔う」「PCスペッコが!」の理由から、手をだしづらいですね。
というのはさておき、洋ゲー(≠チョンゲ)のアイディアとかはほんとすごいですね。
チョンゲはもうおなかいっぱい。全部同じゲームにしか見えません。
日本のメーカーで・・・もさておき、チョンより日本向けにサービスを提供したほうが儲かりそうなのになぁ。
資金力があれば、MMOサービスを提供する側になりたいです。儲かるから!w

ちなみに、PC購入したらおぶりー買う方向です(・∀・)イヒッ

※チョンチョン書いたらまずかったですかね?まずかったらコメント削除お願いしますm(_ _)m

>>Viroさん

おうっと、ご無沙汰です(゚∀゚) 別にコメントは無問題ですよー。買ってないで言ってたらちょっと問題かも知れませんがw
チョンゲーはアイデア的には二番煎じのゲームが多いですよねえ。それでも売れるのはグラフィックなどが萌え重視で日本人うけするからだ、とは良く言われておりますが。海外では良く分かりませんけど、MMOの傾向で言うと日本ってかなり分散してませんかね?作品数が多く、(ROなどごく一部のぞいて)作品あたりのプレイヤー数は少ないというか。それだけ萌えの傾向が違うのかもwww

MMOって運営は意外と楽そうですよねえ?サーバー管理費は別にしてもGMは安い時給でアルバイト雇えばいいわけですし、GMやるほうだってゲームやってカネもらえるなら(ry

ところでViroさんのブログの方もちょくちょく見させて頂いておりますが、実は最近MMORPGだとWoWにちょっと興味があったりします。ゲームバランスなども大変評価の良いタイトルですし、Viroさんも新PC購入されたらいかがでしょうー?
なんでも新しい拡張パックもまた出ると聞きましたし、俺もやるかもしれませぬ・・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kampfgruppe.blog94.fc2.com/tb.php/134-e1ba3139

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。