スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これから夏の間に購入予定のゲーム(2)Crysis編


※このゲームは今夏発売する「らしい」という情報に基づいて記事を書いていますが、この夏に出るかどうかは確定事項ではありません。


今日紹介するCrysisは、先日紹介したBioshockと並んで注目されているタイトル。このゲームは開発段階の去年から、何度かブログで紹介してきているが、スクショをごらんの通りこのゲームの特徴は他のゲームの追随を許さない圧倒的なグラフィックが特徴。





しかも、グラフィック面においては革新的な試みがされており、例えば「プレイヤーが植物を通過すると自分に触れた植物が揺らめく」表現や、枯葉などが自分自身の移動で舞い上がったりなど、今までの「単にグラフィックが良いだけのゲーム」で放置されていた、より現実に近い感覚が表現されており、撃って木を折ったり、建造物を破壊したりすることも可能らしい。


ちなみに、このゲームは前作「Farcry」が既に発売されているが、今なお最新のゲームにひけを取らないグラフィックとゲーム性が高い評価を受けている傑作である。FPSゲーマーなら今からでも是非プレイして頂きたい作品。






ストーリーは近未来が舞台。
2019年、とある島に不時着した小惑星の調査権をめぐって北朝鮮と米国が対立。アメリカは北朝鮮が封鎖線を張っているこの島に主人公であるJake Dunnとその所属部隊であるデルタフォース(アメリカの特殊部隊)を送り込むが、後にこの小惑星は地球侵略をもくろむエイリアンの宇宙船であることが判明。ここで北朝鮮とアメリカが手を握り合ってエイリアンを倒すというストーリー。









システム上の特徴は数多くあるのだが、どちらかと言うと「既存ゲームで存在したようなシステムを高い次元で融合させたもの」と言う感じに近く、その点ではBio Shockとは異なっている(そもそもこのゲームとBio Shockとはもともと目指しているものが違うゲームなので、同一視すべきではない)

さらにFPSゲームの評価を大きく分ける要素として「敵のAIの完成度」が問題になるが、FarcryはAIの完成度において非常に優秀で、今作ではさらに思考能力が高度、かつ多様になることが予想されているのでそれもゲームを期待度を押し上げる大きな要因。






おそらくこのゲームもよほどの事情が無い限り購入すると思われる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kampfgruppe.blog94.fc2.com/tb.php/112-2f99d1b8

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。