スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯音楽プレイヤーで至高の組み合わせを考えてみた


最近マランツのSA-15S1を買ってから(SA-15と比較しての)Ipodの音の悪さにうんざりし、かれこれ2ヶ月以上外で一度も音楽を聴いていないのだが、カネが溜まったところで外で音楽を聴くのに最高の組み合わせで聞いて見たいと思い、叩いてみることに('A`)






っで、先ごろプレイヤーとイヤホンの両方が届いたのだが、








イヤホンEtymotic ReserchのER-4Pを選択。これ欲しかったのよねー。ER-4Pは同じ会社のER-4Sの携帯機仕様で、総合的に非常に質が高いといわれるER-4Sの低音などをブーストして「元気良く慣らす」カスタマイズがしてあるモデル。

実は総合的にはER-4Sが良いといわれるので、ER-4Sにしたかったのだが、ER-4Sはインピーダンスが100Ωで携帯用のプレイヤーだと音量が取れない(最大まで上げて普通に聞ける程度)ので、インピーダンスが25Ωの4Pにすることに。因みに、日本で売られているイヤホンやヘッドフォンの多くは25Ωです。


こっちはまだエージングも不十分なのでなんともいえないけど、ひとまず聴いた感じでは相当ヤバイ

これが24000円前後で買えるのであればバーゲンプライスだとおもふ。
特に遮音性は相当にすごく、外の音は殆ど聞こえなくなるので、自転車に乗ったりしているときは使わないほうが良いほど。(実際説明書を読む範囲では、自転車に乗りながらこのイヤホンを使うことは推奨されていない)






中身はこんな感じ。換えの耳パッドやクリップ、ケースなどが完備。別売りでサイズ違いのイヤーピースなどもあり。








プレイヤーの方はKENWOODのHD30GB9を選択
KENWOODのデジタルオーディオプレイヤーってあまり知られてないが、実は地味に売れてたりする


っというのも、他のメーカーに無い音質へのこだわりを持っており、オーディオ用の専用パーツ、デジタルアンプ内蔵、自分で自由に設定できるイコライザなど拘った仕様。
実際レビューなどを見るとIpodは2度と使えなくなるほどの音質との評判でいろいろ迷った挙句買ってみた。おそらく、高級オーディオを家で愉しんでいる人達に向けた商品になっているのだと思われる。

プレイヤーとしてはHDD容量がIpodより低く、動画も再生できない上にIpodより高いという仕様なので、ただテキトーに音楽を聴ければいいという人はや、やっぱり動画が観たいという方はIpodを買った方がよっぽど幸せになれるかも。






マニュアルはかなり簡素。イヤホンは付属するが、充電はパソコンとケーブルを繋いで行う仕組み。
曲を入れたりするには専用のソフトウェアを使うが、こちらの使い勝手はまあまあ。(但しプレイヤーの使い勝手や全体のつくりは上々)


ということでこちらを聞いた感想も追々。
ひとまずはレポートが溜まってるのでこの辺で('A`)


ってか、発表用のレポートとかすげー課題迷うんだよな。環境問題とかは作りやすいけど聞く側からしたら「まーーーた環境問題かよ」(←必ず環境問題をレポートに持ち出す奴がいるからw)ってことになるだろうし、それでいてレポートとして体裁が整ってなくちゃいけないんだからねえ。

結局、まだ別に4通溜まってるが、発表用のレポートは日本に上陸した海外のパソコンブランド「Emachines」にすることにしたのさ(゚∀゚)
スポンサーサイト

コメント

このプレイヤー値段のほうはおいくらですか?

>>ちょとごめんねさん

定価はオープンプライスですが、店頭価格は4-5万円の間(らしい)です。
自分は38000円の税、代引き手数料別でした。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kampfgruppe.blog94.fc2.com/tb.php/104-501d2671

【送料/代引無料】marantzAVアンプPS3001

仕様 Display Off ○ DAコンバーター ○ 定格出力 フロント L/R 75W+75W センター 75W サラウンド L/R 75W+75W サラウンドバック L/R 75W+75W 実用最大出力(JEITA) フロント L/R 100W+100W センター 100W サラウンド L/R 100W+100W サラウンドバッ

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。